メラトニンのはたらき

many pills on money

そもそもメラトニンというのがどのようなはたらきをしているのかを知っておきましょう。
メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれており、体内時計にはたらきかけることで覚醒状態と睡眠状態の切り替えをおこないます。
これにより人は夜になると自然と眠りに就くことができるのです。

朝になり太陽の光を浴びることで、体内時計が動き出し、人間の体は活動状態へと切り替わります。
このとき、メラトニンの分泌が止まりますので、昼間はその効果を発揮することはありません。
起床してから15時間前後で、再びメラトニンは松果体と呼ばれる部分から分泌され始めます。
分泌されてから一定時間経つことで、その効果がより高まり、人は眠気を感じるのです。
メラトニンは光によって分泌量が変化します。
そのため、夜更かしをすることで長く照明などの光に当たっていると、メラトニンの分泌サイクルが乱れ、結果として覚醒状態と睡眠状態のバランスが崩れるのです。
これが不眠症の原因となるのです。

また、歳を重ねるにつれて、朝起きる時間が早くなると言います。
これは健康的なわけではなく、加齢によってメラトニンの分泌量が減っていることが原因です。
体内時計の調節機能が弱まっていることもあり、若い頃と比べてどんどん睡眠時間が減っていくのだと考えられています。